9月26日(土)、今年度2回目のものづくり講座「バスボム(入浴剤)をつくろう!」を実施しました。
参加者は、まず、四日市市の地場産品やコンビナートでつくられている製品などに関する穴埋め問題に挑戦し、四日市市の産業について理解を深めました。
次に、参加者には、重曹とクエン酸を混ぜ合わせることで生じる化学反応の実験により、バスボムが発泡する原理を学んでもらった後、思い思いの色と香りをつけたオリジナルのバスボムづくりに挑戦してもらいました。
参加者からは楽しかったとの感想が多く寄せられ、バスボムづくりを通じて、理科のおもしろさを知ってもらう良い機会となりました。

 

次回は、10月24日(土)に「“まさつ力”の実験教室」を開催します。
ぜひご参加ください!